若返りの秘法NMN

動物は皆平等に老いて、やがて死にいたる運命です。なぜ老化というものがあるのでしょうか。その答えは現代でも明らかにされていません。ひとつの学説として有力なのが生まれてから細胞やDNAが損傷し、酸化することでダメージが蓄積されるという説。哺乳類は酸素を消費する動物ほど寿命が短い傾向があるといわれています。これは活性酸素が細胞を傷つけてしまうことが原因と考えられます。

生き物が老化するもうひとつの理由として言われているのが、遺伝子に寿命や老化がプログラムされているという説です。がん細胞は宿主が死ぬまで生き続けます。がん細胞の研究からテロメアという遺伝子が寿命を決めているのではないかといわれています。テロメアとはギリシャ語で端。染色体の端についていて、細胞分裂をするたびに短くなっていきます。このテロメアは分裂できる回数が決まっています。テロメアが分裂できなくなると細胞は死を迎えます。このことが人の寿命に関係するといわれています。がん細胞はこのテロメアを修復する酵素を活性化させる働きがあるため、テロメアが短くならず老化することがないといわれています。

テロメアを修復し老化を防ぐ酵素テロメラーゼは1985年に発見されています。このテロメラーゼを活性化する酵素がサーチュインです。若返り薬NMNとはこのサーチュイン遺伝子を活性化させる遺伝子といわれています。研究が進めば人間はまだ寿命を延ばせるのかもしれません。このページではNMNに関する情報を紹介しています。