病気はなくなる?

NMNに期待されている効用はアンチエイジングだけではありません。NMNを糖尿病のマウスに一週間投与したところ、血糖値が正常になったという研究結果も出ています。さらに糖尿病だけでなく、臓器や眼球、脳の老化に伴って起こる病にも効果があるということがわかっています。NMNは加齢とともに減少します。NMNが減少することで身体からは修復機能が失われていきます。加齢による筋肉の衰えや記憶力の低下もこのNMNの減少に原因があると考えられています。そのためNMNの研究が進むことでアルツハイマー病などのような治療にも役に立つのではないかと期待されています。

NMNの発見者、今井眞一郎氏はNMNの効能について、日常的にNMNを摂取することで老化と、それに伴う運動機能の低下を補正することができるとしています。さらにNMNの利用法として多量のNMN を利用することで病気の症状を改善させる効果も期待できると話しています。将来的に老化の予防薬、そして病気の治療薬としてNMNが活躍していくことが期待されています。若返りの薬はもはや夢ではなくなりました。さらには老化を原因とする疾患も過去の存在になる日が来るのかもしれません。