病気や老化がない時代

サーチュイン遺伝子は長寿遺伝子とも呼ばれ、サーチュイン遺伝子を活性化するNMNという物質に注目が集まっています。NMNが広く一般的に使われるようになるにはまだ時間がかかるかもしれません。しかしサーチュイン遺伝子を活性化する方法が研究されています。

サーチュイン遺伝子を活性化させる方法のひとつがカロリー制限です。老化の原因のひとつがミトコンドリアの弱体化。空腹状態をたもつことでミトコンドリアの弱体化を防ぐことができるといわれています。このときのカロリー制限は必要とされるカロリー摂取量の7割とされています。ただしこれは継続しなくては意味がありません。常に7割のカロリー摂取を保ち続けるのは容易ではありません。そこで強力な抗酸化力を持つレスベラトールの摂取が有効だといわれています。

レスベラトールはポリフェノールの一種。サーチュイン遺伝子を活性化し、美肌や健康維持に効果的だといわれています。脂肪肝やがんの治療にも役立つこともわかってきました。ただ長生きするだけでなくレスベラトールは健康でいられる寿命を長くしてくれる可能性を秘めています。科学の進歩によってこれから先、生涯現役の元気な高齢者が増えていくのではないでしょうか。

参考HP《http://nmn-soma.com
サーチュイン遺伝子を活性化させるサプリメント”NMN”ソーマを通販しているConfrontです。