病気や老化がない時代

サーチュイン遺伝子は長寿遺伝子とも呼ばれ、サーチュイン遺伝子を活性化するNMNという物質に注目が集まっています。NMNが広く一般的に使われるようになるにはまだ時間がかかるかもしれません。しかしサーチュイン遺伝子を活性化する方法が研究されています。

サーチュイン遺伝子を活性化させる方法のひとつがカロリー制限です。老化の原因のひとつがミトコンドリアの弱体化。空腹状態をたもつことでミトコンドリアの弱体化を防ぐことができるといわれています。このときのカロリー制限は必要とされるカロリー摂取量の7割とされています。ただしこれは継続しなくては意味がありません。常に7割のカロリー摂取を保ち続けるのは容易ではありません。そこで強力な抗酸化力を持つレスベラトールの摂取が有効だといわれています。

レスベラトールはポリフェノールの一種。サーチュイン遺伝子を活性化し、美肌や健康維持に効果的だといわれています。脂肪肝やがんの治療にも役立つこともわかってきました。ただ長生きするだけでなくレスベラトールは健康でいられる寿命を長くしてくれる可能性を秘めています。科学の進歩によってこれから先、生涯現役の元気な高齢者が増えていくのではないでしょうか。

参考HP《http://nmn-soma.com
サーチュイン遺伝子を活性化させるサプリメント”NMN”ソーマを通販しているConfrontです。

病気はなくなる?

NMNに期待されている効用はアンチエイジングだけではありません。NMNを糖尿病のマウスに一週間投与したところ、血糖値が正常になったという研究結果も出ています。さらに糖尿病だけでなく、臓器や眼球、脳の老化に伴って起こる病にも効果があるということがわかっています。NMNは加齢とともに減少します。NMNが減少することで身体からは修復機能が失われていきます。加齢による筋肉の衰えや記憶力の低下もこのNMNの減少に原因があると考えられています。そのためNMNの研究が進むことでアルツハイマー病などのような治療にも役に立つのではないかと期待されています。

NMNの発見者、今井眞一郎氏はNMNの効能について、日常的にNMNを摂取することで老化と、それに伴う運動機能の低下を補正することができるとしています。さらにNMNの利用法として多量のNMN を利用することで病気の症状を改善させる効果も期待できると話しています。将来的に老化の予防薬、そして病気の治療薬としてNMNが活躍していくことが期待されています。若返りの薬はもはや夢ではなくなりました。さらには老化を原因とする疾患も過去の存在になる日が来るのかもしれません。

NMNの効能

様々な分野から注目を集めているNMN。NMNとはニコチンアミドモノヌクレオチドの略です。ビタミンB3(ナイアシン)の中に含まれる成分で身体の機能を保つNADという物質になります。長生き遺伝子と呼ばれているサーチュイン遺伝子を活性化するはたらきがあると考えられています。ハーバード大学での研究ではNMNを投与したマウスの寿命が延び、年をとったマウスの細胞が若返ったという結果が出ています。NMNは本来であれば自然に体内で生成されます。しかし加齢によって減少し、結果としてサーチュイン遺伝子も減少、老化につながるのではないかといわれています。

日本企業においてもこのNMNの研究、製品化が進んでいます。大手製薬会社や大学などが研究を進めており、エイジングケアサプリメントとして研究用に販売されているものもあります。サプリメントの利用者の中には、サプリメントの服用を続けることで新陳代謝が盛んになった、疲れにくくなったというような声も聞かれています。現在このNMNについては、世界中で研究が進められています。NMNのサプリメントはいまだ高価ですが、研究が進むことでNMNが美容や医療の現場でさらに活躍することになるかもしれません。

若返りの秘法NMN

動物は皆平等に老いて、やがて死にいたる運命です。なぜ老化というものがあるのでしょうか。その答えは現代でも明らかにされていません。ひとつの学説として有力なのが生まれてから細胞やDNAが損傷し、酸化することでダメージが蓄積されるという説。哺乳類は酸素を消費する動物ほど寿命が短い傾向があるといわれています。これは活性酸素が細胞を傷つけてしまうことが原因と考えられます。

生き物が老化するもうひとつの理由として言われているのが、遺伝子に寿命や老化がプログラムされているという説です。がん細胞は宿主が死ぬまで生き続けます。がん細胞の研究からテロメアという遺伝子が寿命を決めているのではないかといわれています。テロメアとはギリシャ語で端。染色体の端についていて、細胞分裂をするたびに短くなっていきます。このテロメアは分裂できる回数が決まっています。テロメアが分裂できなくなると細胞は死を迎えます。このことが人の寿命に関係するといわれています。がん細胞はこのテロメアを修復する酵素を活性化させる働きがあるため、テロメアが短くならず老化することがないといわれています。

テロメアを修復し老化を防ぐ酵素テロメラーゼは1985年に発見されています。このテロメラーゼを活性化する酵素がサーチュインです。若返り薬NMNとはこのサーチュイン遺伝子を活性化させる遺伝子といわれています。研究が進めば人間はまだ寿命を延ばせるのかもしれません。このページではNMNに関する情報を紹介しています。